読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orz

ここから立ち上がるポーズ。

生きていくのに一番大切な力。

Apples

社会で生きていくうえで一番大切だと思う力、それはコミュニケーション能力。もしあなたが無人島でひとり生きていくのであれば全く気にする必要はない。

しかし、ほとんどの人間が社会で生きている。社会で生きていくうえで一番重要なのがコミュニケーション能力である。

 アリストテレスは『国家』において、人間は「zoon politikon (ポリス的な動物)である」と述べた。

社会的動物 - Wikipedia

まぁアリストテレスはそういう意味合いで言ったわけではないようだが、当たらずも遠からずといった印象だ。

つまり、何が言いたいかというと、人は自分の思いを伝えるのにコミュケーションをする。その方法にはいくつもの手段があり、言葉、ボディーランゲージ、絵、音楽、ダンス、演劇、詩、文学、映像、なんでもいい。

その中でも一番手っ取り早く、手軽なのが、言葉であろう。そして、当たり前であるがゆえに、軽視されがちなのが言葉である。

言葉というのは本来、奥が深いものなのだが、みんながみんな、大した苦労もなく母国語に関しては運用できてしまうがゆえに、その重要さが見失われてしまっている。

本来は、言葉というのは一番扱いが難しいものなのだ。たったひとつの単語とってみても、本当に自分の伝えたいものが伝わっているかどうかというのはあやしいものなのである。

たとえば、「りんご」。赤いリンゴしか食べたことがない、見たことがないという人がいう「りんご」と、青いリンゴしか知らない人がいう「りんご」は違うわけだ。

そんなふたりが「りんご」の話をしているとき、ある時点でふたりのイメージしているものが違うと気付く。りんごみたいな色の服を着ているね、と言われて、「えっ?」となったり。

そして、ふたりのイメージが違うということを話し合って初めて、ふたりの間で正しいイメージを共有できる。

単語ひとつでこんなことであるから、もっと多くの言葉を使うコミュニケーションにおいては、もっと大きな齟齬が生じるのは当たり前なのだ。

そんなことを意識せずに会話している人がほとんどなので、ちょっとしたことで諍いが生じ、大きな争いにつながってしまうこともある。

人は自分の抱いているイメージを他人にも共有するためにコミュニケーションをとる。そのイメージが相手に正しく伝わっているかどうか、伝える側は常に意識していないといけないのである。

物事をわかりやすく伝えられる人と伝えられない人の違いはここにある。教えるのが上手い人と下手な人の違いともいえる。

相手がイメージできない言葉で話しても意味がない。相手が知っている言葉、知識を推測し、それを適切に組み合わせて説明してあげる。そこまで手取り足取り思いやり、そうしてやっと人に伝えることができるのだ。

それを、自分の考え、思っていることを一方的にただ言うだけでは相手に何も伝わらないなんてことはザラにある。

そういう状況でも何とかなってしまう場合は、相手の方が知識量が多い、もしくは似たような経験、知識を共有できている場合である。

他人と協力して初めて何か大きいことができる

さて、ここまでコミュニケーションとは何かということを述べてきた。さらに議論を深めよう。人間は社会的動物であることは先ほど伝えた通りである。

そして、その社会の中で何か大きなことを成し遂げようと思うと、他人の力を利用する、借りるということが大事になってくる。

もちろん、ひとりでも何事か偉大なことを成し遂げてきた人はたくさんいる。社会を急激に変えてきた人たちの発明や発見というのは、誰か一人の恐るべき先見の明であったことが多い。

しかし、凡人が何か大きな仕事を成し遂げるには、やはり他人の力が必要だ。会社というのは組織として大きな利益を上げる社会的法律装置のひとつであるが、これが一番わかりやすいだろう。

会社というのは、人と人とが協力し合って、大きな利益を上げるために集まっている集団である。そこではたくさんのコミュニケーションが図られている。そこでのコミュニケーションがうまくいかない場合、利益を最大化することは難しいであろう。

営業もコミュニケーション、広告もコミュニケーション、会計もコミュニケーションなのである。誰かが誰かに何かを伝えたい。すべて同じである。

だから、人生において何か成功したい、成し遂げたいと思うのであれば、コミュニケーション能力を徹底的に磨き上げることを意識してみにつけてほしい。

いや、自分はコミュニケーションが苦手だからと思っている人もあきらめないでほしい。何も面と向かった一対一の会話のみがコミュニケーションではない。

こうやってブログを書くこと、文章を書くことも立派なコミュニケーションである。そして、人の心を動かすことができて、何かを売ることができれば、それで大金持ちになることも可能である。

プロ野球選手になって、すばらしいプレーを見せることもコミュニケーション。しかし、引退したあと学習能力が低いがゆえに、それ以外のコミュニケーション能力が低ければ地獄を見ることになるかもしれない。

広告を非表示にする